結婚相談所を利用する際に必要なことを知る

流れを知る

結婚に直結するパートナー探しをするためには

婚活という言葉が登場して久しい昨今、結婚相手を探す方法は徐々に多様化しています。 代表的なものには、お見合い、合コン、婚活イベントなどがあります。また、結婚相談所の利用もポピュラーな手段となっています。 結婚相談所とは、結婚を希望する独身の男女が登録し、パートナーを探す所です。プロフィールや希望条件から相手を探してメッセージを送り、実際に会ってみるという流れが主流です。会社によっては、担当のカウンセラーが付き、マッチングなどのサービスを行ってくれる場合もあります。 結婚相談所は、その名の通り成婚が第一目的となります。そのため、合コンなどの交際相手を探すことが第一目的の手段に比べ、結婚直結型であると言えます。

結婚相談所の利用にかかる費用について

結婚相談所を利用するには費用が必要となります。多くの場合、入会時に入会金と初期費用、活動期間中には月会費がかかります。月会費に含まれていないサービスの利用には、オプション料金がかかります。成婚時に5万円〜7万円ほどの成婚料がかかることもあります。 会員期間は1年〜1年半が多く、期間中にかかる総額は20万円台〜60万円程度と幅広いです。多くの結婚相談所ではプランによってサービス内容が異なり、それが価格に反映されています。年間の申込可能人数が少なかったり、自分でデータを検索するプランの場合、20万円台が相場です。担当のカウンセラーがつき、マッチングや引き合わせを行う場合、30万円〜60万円以上になることがあります。